2012年07月30日

古事記編纂1300年記念切手

・・・短甲クラフトのまとめ記事を書き終えて力尽きたのと、連日の体温越えの猛暑でこの夏3度目のへたれ状態に陥っていました。
今日は郵便局へ行く用事があったので、ついでに古事記編纂1300年記念切手を購入。早速その場で封書に貼って出しました。絵柄は4種、10枚1シートです。

photo-koziki01.jpg


・・・以下は追記で。

続きを読む
posted by 成瀬 尋古 at 21:00| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

短甲クラフト まとめ その18/着用した感想と疑問点

完成した短甲を着用した感想と疑問点は以下の通り。

photo-tanko76.jpg

●大きさについて
●前面の引き合わせについて


・・・以下は追記で。

続きを読む
posted by 成瀬 尋古 at 07:25| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うちのセブン その4

コンビニのペットボトルのオマケににこんなものが!

photo-seven42.jpg


・・・以下は追記で。

続きを読む
posted by 成瀬 尋古 at 06:50| Comment(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うちの柴 その3

そういえばもう1匹いた、うちの柴。

photo-shiba03.jpg


・・・以下は追記で。

続きを読む
ラベル:雑貨 柴犬
posted by 成瀬 尋古 at 06:41| Comment(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

うちの獅子&柴 その6&その2

わー何か下のまとめ記事書いたら力尽きたー!
後は着用した状況の写真を撮り直すだけなのですが、その前にちょっと気分転換したいーー!

というわけで、下の方の「・・・暑過ぎる」でご紹介した獅子の「畳敷きバージョン」と(こっちの方が涼しそう)、

photo-sisi06-3.jpg

他にパソコン脇にいる小さい柴と獅子の写真を。


・・・以下は追記で。

続きを読む
ラベル:雑貨 獅子 柴犬
posted by 成瀬 尋古 at 15:49| Comment(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

短甲クラフト まとめ その17/制作過程 覆輪の革組における問題点・疑問点と解決方法

手直し中だった「まとめ記事 その17」、何とか写真と図版が揃ったのでアップします。

覆輪の革組における問題点・疑問点と解決方法は以下の通り。
●紐A・Bの末端で左右の長さが違って来る点について
●結び目の位置をずらす事について
●革紐の厚みを削ぐ事について
●紐の端の処理の仕方について
●穴を平行に組んで行く紐 a の持つ意味について


・・・詳細な内容は追記で。かなりの長文で煩瑣なので、面倒になったら読み飛ばして下さい。

続きを読む
posted by 成瀬 尋古 at 15:39| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

短甲クラフト まとめ その16/制作過程 覆輪の革組

覆輪部分の革組は、論文に示された「高橋技法V’」という技法に従って行った。
これは高橋工氏の論文「甲冑制作技術に関する若干の新視点」における、「技法V」の糸 a の穴へ通す順序を、左右逆にしたものになる。


・・・詳細は追記で。

続きを読む
posted by 成瀬 尋古 at 22:37| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

短甲クラフト まとめ その9 補足/PPシートの穴開け位置のずれについて

覆輪についての記事を書く前に、「その9」で書き漏らしていたPPシートの穴開け位置のずれについて補足します。


・・・詳細は追記で。

続きを読む
posted by 成瀬 尋古 at 18:48| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

うちの実家のセブン その2

未だ短甲クラフトまとめ記事の「覆輪について」が残っているのですが、このところずーーーっっと難解な文章が大量に続いていて、興味のない方には多分恐ろしくつまらない状況に陥っていると思われるので、ちょっと息抜きを。

今回は実家にあるウルトラセブン関連の乗り物フィギュアのご紹介。
まずはポインターの形の小物入れ

photo-seven24.jpg


・・・以下は追記で。

続きを読む
posted by 成瀬 尋古 at 21:00| Comment(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

短甲クラフト まとめ その15 補足2/両脇の綴じ方の差異について

その15」の記事で書き漏らしていた、両脇の綴じ方の差異について補足します。


・・・詳細な内容は追記で。

続きを読む
posted by 成瀬 尋古 at 19:23| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

短甲クラフト まとめ その15 補足/革紐の規格について

下の記事で書いた革紐の規格について、少し補足したいので記事を立てました。
今回、パーツ同士の革綴じには80cmを1単位とする革紐を用いましたが、具体的な使用状況について記載した方が、より80cmという長さの有効性を示せると思ったので、残してあったメモの内容を記しておきます。
一部不明確な点もありますが、ご容赦下さい。


・・・詳細な内容は追記で。

続きを読む
posted by 成瀬 尋古 at 18:05| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

短甲クラフト まとめ その15/制作過程 パーツ同士の革綴じにおける問題点・疑問点と解決方法

パーツ同士の革綴じにおける問題点・疑問点と解決方法は、以下の通り。
●図版と型紙とにおける穴の有無の違いについて
●革紐の規格について
●綴じ方の変更箇所について
●「方向転換点」の処理について
●後胴の最上部の綴じ方が左右で違う点について


・・・詳細な内容は追記で。物凄く煩瑣なので、解らなくなったら途中で投げ出して下さい。

続きを読む
posted by 成瀬 尋古 at 10:43| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

短甲クラフト まとめ その14/制作過程 パーツ同士の革綴じ

三分割綴じについて
・・・一段ずつ横長に綴じ、それを積み重ねて行く方法(輪積み)ではなく、右前胴、左前胴、後胴をそれぞれ分けて綴じ、その後両脇を綴じ合わせる方法を採った。

貼付した型紙の処理
・・・貼った型紙は、革でパーツを綴じる直前にその部分だけ剥がし、未だ綴じ残している部分は貼り付いたままにして作業を進めた。


・・・詳細な内容は追記で。

続きを読む
posted by 成瀬 尋古 at 06:11| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

短甲クラフト まとめ その13/制作過程 革紐の規格における問題点・疑問点と解決方法

革紐の規格について
・・・下の「その11」の記事の「矢印の分け方と革紐の規格について」と重複するが、再度記述する。

革紐の長さは論文では40cmを1単位として用いていたが(40cm1本で綴じられる長さが1本の矢印で現されている)、雛形を作ってみて、図版では複数の紐に分けて綴じられているものの、続けて綴じた方が良さそうな箇所が幾つかあった。
そこで前立ての→12→13を一本で綴じられる、つまり40cmの2倍の80cmを1単位として綴ってみた処、効率が良さそうだと判明、80cmを1単位とする事にした。

posted by 成瀬 尋古 at 05:53| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

短甲クラフト まとめ/工程復元図の訂正

まとめ その10」「その11」で使用した工程復元図に誤りがあったので、訂正します。

(※以下で使用する図版は、赤坂亨様の論文「老司古墳2号石室出土の三角板革綴短甲の復元的研究」より引用、解り易くする為に部分的な着色及び文字の付加をさせて頂きました。)

当初使用していた図では、綴じ方が「左下左」と確定している部分をピンク、「右下右」と確定している部分を緑、「右下右」と推定される部分を薄いピンクで表示していましたが、

photo-tanko57-2.jpg

「右下右」と推定される部分は薄い緑で表示するのが妥当でした。

photo-tanko57.jpg

解説文もこの点について誤った記述をしていたので、訂正しました。混乱を招いてしまい、申し訳ありませんでした。
posted by 成瀬 尋古 at 05:40| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

短甲クラフト まとめ その12/制作過程 革紐の規格に基づく全長の算出

論文では革綴じ作業に必要な紐の全長が記載されていなかったので、概算で算出し、それに基づき革紐を購入した。
作業に際し、使用する長さの規格(1本当たりの長さ)を何cmとするかについては、後述の疑問点の記事で詳述。


・・・全長の算出方法は追記で。

続きを読む
posted by 成瀬 尋古 at 11:41| Comment(2) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

短甲クラフト まとめ その11/制作過程 パーツの配置・綴じる方向と順序の記入における問題点・疑問点と解決方法

パーツの配置・綴じる方向と順序の記入における問題点・疑問点は以下の通り。

●後胴→6の綴じ方向について
●後胴の最上部の綴じ方が左右で違う点について
●矢印の分け方と革紐の規格について


・・・詳細な内容は追記で。

続きを読む
posted by 成瀬 尋古 at 11:03| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

短甲クラフト まとめ その10/制作過程 パーツの配置・綴じる方向と順序の記入

パーツ同士を綴じ合わせる為の手順は以下の通り。

●パーツを番号順に配置
●型紙に綴じる順序と方向を記入
●パーツ同士の上下関係を確認


・・・詳細な内容は追記で。

続きを読む
posted by 成瀬 尋古 at 09:03| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

・・・暑過ぎる

・・・短甲クラフトのまとめ記事の更新が滞っていて済みません、いきなり猛烈に蒸し暑くなって、身体がついて行かず、ここ数日へたれていました。
ようやく少し持ち直したので、何とか明日以降、続きを再開出来るかと思いますので、今暫くお待ち頂ければ幸いです。


余りに暑いので、うちの獅子に浴衣を着せて夏仕様にしました。

photo-sisi06.jpg


・・・以下は追記で。

続きを読む
ラベル:雑貨 獅子
posted by 成瀬 尋古 at 22:27| Comment(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする