2012年09月26日

眠れなかったのでウルヴァリン

数日前に持病の薬の処方を変えて貰って以来、全く眠れぬまま朝になる事が多く、昨夜も目が冴えてどうにもならなかったので、たまたま昨日録画したのをダビングしていた映画「X−MEN ZERO WO LVERINE」の主役ウルヴァリンの落描きを徹夜で描いてしまいました。
(「X−MEN O RI Z INS」は原題。邦題では「ZERO」になっています。)

rakugaki-wolverine.jpg


・・・以下は追記で。

続きを読む
ラベル:映画・ドラマ
posted by 成瀬 尋古 at 08:09| Comment(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

倭建命 ラフ その9/手直し中

19時過ぎに一旦アップしたラフ、パソコンの画面上で改めて見たら微妙なデッサンの狂いが気になったので、引っ込めて手直ししたものの第2稿も微妙な状態。
取りあえず今日はここまでにして、明日もう1度やり直します。このまま続けていても描けば描くほど判らなくなるので、一晩おいて頭をリセットした方が賢明かと。

真ん中が初稿、左が第2稿。

illust-yamatotakeru17-3.jpg

この画面では多分余り違いが判らないと思いますが、どちらも何か「これじゃない」状態。まだるっこしいですが、「描いていて気持ちのいい線」が見付かるまで、もう少し試行錯誤してみます。

posted by 成瀬 尋古 at 19:26| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

うちのはやぶさ その2

あれからずーーーっっと「短甲の写真撮影 → 線画抽出 → 人物の線画と合成してバランス確認」の作業を繰り返していました。
先日から更に何十枚か撮って加工処理を繰り返すうちに、短甲だけで巧く形を取るのに限界を感じ、実際に着用して撮影する方法に変更。私が着ると短甲が2周りほど大きくて収まりが悪い為、身体にバスタオルを巻いて体格を補正した上で撮影。20枚ほど撮って何とか使えそうなのが1枚あったので、線画抽出して人物の線画に合成した処で力尽きました。
実際にトレースしてちゃんとしたラフ画にするのは明日以降に・・・ってとっくに日付変わってるよ・・・。

ラフが進んでいないのでコレクションネタ、続きます。
これも先日ロフトで見付けた「メタリックナノパズル はやぶさ」。

photo-hayabusa06.jpg


・・・以下は追記で。

続きを読む
posted by 成瀬 尋古 at 04:01| Comment(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

うちの獅子 その7

ラフが進んでいないので、コレクションネタを。
昨日ロフトで見付けた「イヤホンジャックアクセサリー」のライオン。

photo-sisi07.jpg


・・・以下は追記で。

続きを読む
ラベル:雑貨 獅子
posted by 成瀬 尋古 at 01:07| Comment(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

倭建命 ラフ その8

短甲を着せるのに手間取っています。
少しずつ角度を変えて写真を撮り、当初は1枚1枚トレースするつもりだったのですが、枚数が増えて(50枚超えた)手作業では追い付かないので、試しにフォトショップの「輪郭検出」フィルタを掛けてみた処、充分線画として使えるではないか!

photo-tanko79.jpg

取りあえず全部輪郭検出してプリントアウトし、人体デッサンに重ねて試行錯誤中。腰の部分を絞りたいんだけど巧く行かない・・・頑張ります。

photo-tanko79-2.jpg
posted by 成瀬 尋古 at 00:45| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

倭建命 ラフ その7

物凄くペースが遅いですが、少しずつラフの作画進行中。
何とか腕の形が決まったので、袖と籠手を描き足し。籠手は当初、細い板を綴った「篠籠手」にする予定だったのを、細部が判らなかった為シンプルな1枚板のものに変更。本当は手の甲の部分もあるのですが、盾で隠れてしまうので省略。資料ではよく判らなかった縁の部分には、短甲の覆輪と同じ処理を施しました。

illust-yamatotakeru16.jpg

で、盾を持たせるとこんな感じ。盾の部分は写真を拡大コピーしたもの。これを基に線画を描きます。
折角描いた手の部分が隠れてしまうので、左右反転して手前に矛を、奥に盾を持たせた方がいいのではとも思ったのですが、盾の裏側の資料がないのと、派手な模様の盾を前面に据える事でインパクトのある画面になるのが解っているので、このまま行きます。

illust-yamatotakeru16-2.jpg

次はようやく短甲を着せる段階に。写真から起こした線画を巧く微調整して、出来るだけ流麗なラインが出せるよう頑張ります。
posted by 成瀬 尋古 at 23:02| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

倭建命 ラフ その6

プリンターが修理から戻って来たのと入れ違いに、人間の方が故障しかけていたので作業が進んでいなかったのですが、ようやく今日からラフ描き再開。

短甲の線画を倍率を変えて何枚かプリントアウト。それを着せる前に先ず衣を描いて、腕の角度を調整しつつ盾を持たせようとしたら、古墳時代の籠手の細部と、革盾の裏側の構造が判らず検索したものの画像が探せず。
取りあえず弥生時代の盾を参考に、多分この辺りに持ち手が付いてるんじゃないかと推測しつつ、大まかな腕の形だけ描いてみたものの何だか収まりが悪い。
(中央の衣だけの線画の下には右と同じ人体のコピーがあって、トレースしつつ衣だけ描いてます。)

illust-yamatotakeru15-2.jpg

で、鏡に自分の腕を映しながらデッサンの繰り返し(左手のデッサンなので裏側に描いてトレースの予定)。
持ち手の代わりに短甲制作時に使ったハンマーを持って、腕に目一杯力を入れながらずーっとあれこれポーズを取っていたら、筋がつりそうになったよ・・・。

illust-yamatotakeru15.jpg

もう暫く試行錯誤の必要あり。作画から随分遠ざかっていた所為で、勘の戻りが悪いです。ラフの枚数をこなすしかないので、兎に角頑張ります。
posted by 成瀬 尋古 at 00:29| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする