2013年01月15日

舞楽観て来たよ!

一昨日、岐阜市のサラマンカホールで行われた雅楽公演、観て来ました!
至近距離で観た「陵王」は素晴らしいのひと言。

photo-bugaku03.jpg

落描きでいいから何か1枚、と描いた面なし陵王。実際には素顔で舞ったわけではなくて、単なる妄想です。衣装の細かい模様を入れようとしたけど力尽きて無地のまま。

rakugaki-bugaku01.jpg


・・・以下は追記で。
感想の覚え書きのみで個々の演目についての詳しい解説を省いてあるので、雅楽(舞楽)の勉強には全然役立たない記事になってます。済みません。

続きを読む
posted by 成瀬 尋古 at 23:44| Comment(0) | 展覧会など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

高賀山の鵺

明けましておめでとうございます、年末年始はバタバタしていてきちんとしたご挨拶が出来ずにおりました事、どうぞご容赦下さいませ。
昨年は短甲クラフトを仕上げて以降、なかなか物事が進まずイラストはまたもや新年に持ち越しましたが、今年こそは倭建命に短甲を着せて、伊吹山の神様と一対のイラスト(亥年の年賀状にする筈だったのにいつまで掛かってるんだという・・・)を描き上げられるよう頑張りますので、お暇な時にでも覗いて頂ければ幸甚です。


・・・で、記事タイトルの「高賀山の鵺(ぬえ)」のお話。
何故新年早々「鵺」の話かというと、地元の新聞で「巳年」の話題として取り上げられていたから。
」といえば「頭は猿、胴体は狸、脚は虎、尾は蛇」という姿をした妖怪、というのが一般的だと思うのですが、うちの田舎では胴体部分も虎になっている「別バージョン」が有名なのです。

絵にするとこんな感じ。恐ろしく久々に描いたオリジナルキャラの座敷童子2人と、うちの鵺。

rakugaki-nue01.jpg


・・・以下は追記で。

続きを読む
posted by 成瀬 尋古 at 21:18| Comment(0) | 民俗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする