2014年03月23日

うちの獅子 その11

依然として諸事停滞中。懸案事項は来週に持ち越しそうです。ストレスが半端なくてちょっと使い物にならない状況。うーん。

最悪な事ばかりかというとそうでもなくて、昨日所用で出掛けた折に、偶然見付けましたライオンのティッシュケースカバー!!
リアルな虎のは幾らでも見掛けるんだけど、ライオンのは全然見付からなくてずーーーっっと探していたので、売り場で踊りそうになったよ!

photo-sisi11.jpg


・・・以下は追記で。

続きを読む
ラベル:獅子 雑貨 雑記
posted by 成瀬 尋古 at 07:51| Comment(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月15日

諸事停滞中

深夜に書いた記事が後ろ向きだったので書き直し。真夜中に文章を書くと駄目だなあ。

現在ちょっと面倒な懸案事項があって、片付くまで暫く更新停滞しそうです。イラスト裏話の続きを楽しみにして下さっている方がいらっしゃったらごめんなさい。連休開け頃に復活出来るかどうか微妙な状態。今暫くお待ち頂ければ幸甚です。

くだらないウルトラシリーズネタで間を繋ぐパワーもないのですが、文字だけでは無愛想なので、ウルトラセブンの絵の付いたタオルを携帯で撮ってフレーム加工した待ち受け画像を貼っておきます。
額からエメリウム光線を出す時のポーズの筈が、腕が短か過ぎて単に両手でVサインしてるだけみたいな状態に・・・。この脱力系セブン、大好き。

photo-seven35-4.jpg
posted by 成瀬 尋古 at 19:50| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月06日

「エンジェル・ガーディアン」作画裏話 その5/古代船登場の経緯

今回イラストを担当させて頂いた「エンジェル・ガーディアン」という作品は、物凄く簡単に言うと、
現代の日本で、ごく普通の生活を送っている一般人の中に天使が出て来る
というストーリー。しかも
その天使は今、絶滅の危機に瀕している
という。一体どういう事なのか、あらすじだけでは状況が把握し切れない。

そのイメージイラストに何故「古墳時代の船」を描こうと思ったのか、ネタバレしない範囲で記事にしたいと思います。


・・・以下は追記で。文章多めです。

続きを読む
ラベル: 演劇 歴史
posted by 成瀬 尋古 at 05:59| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月05日

舞台「エンジェル・ガーディアン」チケット予約開始

古代船の裏話が巧く纏められないでいるうちに、舞台のチケット予約が始まっていたので、取りあえずそちらを先にご案内します。興味とお時間のある方は是非。

(株)酔いどれ天使」第1回公演「エンジェル・ガーディアン
詳細は公式サイト(http://www.geocities.jp/kabu_yoidore/top.html)を御覧下さい。

illust-ag06.jpg illust-ag06-2.jpg

★日程
 2014年4月16日(水)〜20日(日)

★場所
 ウエストエンドスタジオ
 〒165−0026 東京都中野区新井5−1−1 スタジオライフ1F
   http://www.studio-life.com/westend/
   TEL 03−6454−6028

★料金(全席自由席) 3500円

★チケット予約
  PC用サイト  https://ticket.corich.jp/apply/52179/
  携帯用サイト  http://ticket.corich.jp/apply/52179/
  メールアドレス kabu_youdore@yahoo.co.jp
            (名前・電話番号・日時・枚数を送信すると返信あり)
ラベル:演劇
posted by 成瀬 尋古 at 21:22| Comment(0) | 展覧会など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

「エンジェル・ガーディアン」作画裏話 その4/古代船ペーパークラフト 作り直し

「古墳時代の船」の裏話を書く前に、以前作った古代船ペーパークラフトを改めて作り直しました。
プリンターの不調でカラー印刷が出来ず、前回は灰色(それも表面のみ)の船になってしまったのですが、つい先日、別の用途で買った色画用紙の中に薄茶色があったので、それに型紙の線画のみ印刷して作ったら、それっぽくなったよ!よっしゃ!

左・前回作、右・今回作。

rakugaki-ag27-2.jpg rakugaki-ag27-3.jpg

前回、位置が曖昧なまま適当に貼ってしまった船内の4枚の横板ですが、このペーパークラフトの原型となった久宝寺遺跡(大阪府八尾市)出土の準構造船の復元模型(縮小サイズ)では、両舷の突起の間、突起の斜めになっている方(船首側)にやや近い位置に渡されているように見えたのと、このクラフトの構造上、突起の間だと其処に貼るしかないと判断されたので、右の写真のような位置になりました。

ただ、同じ久宝寺遺跡の船を基に復元した原寸大の準構造船「ヒボコ」の写真を見ると、横板は船首・船尾の隔壁よりも外側に階段状に2枚ずつ渡されていて、漕ぎ手の座る板はなく、立ち漕ぎする形で展示が再現されているので、このペーパークラフトの状態が100%正しいとは言い切れなさそうです。
この違いは何処から来るのか、手元の資料には横板の正確な位置について言及しているものはなかったので、発掘の報告書か関連論文を探せたら、また記事にしようと思います。

船についてのイラスト裏話はまた改めて。
posted by 成瀬 尋古 at 18:14| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

「エンジェル・ガーディアン」作画裏話 その3/ちょっと脱線

「古墳時代の船」の話を書く予定がちょっと脱線。
下の記事の追記で描いた、キャラデザインの原型が物凄い中途半端で情けなかったので、もう少し見られる形にしてみました。

rakugaki-ag73.jpg

今更キャラデザインしてどうする、と突っ込まれるかと思いますが、「エンジェル・ガーディアン」とは無関係のちょっとしたお遊びの派生キャラという事で。顔立ちも垂れ目系で可愛い感じなので、全く別物になっています。もしかしたらいつか何かのイラストに使えるかも知れない。

そういえば昔、「唐獅子」が人間の姿になったらこんな感じか?と描いた絵がありました(今見るとデッサンの狂いが気になる・・・)。
田舎の神社の祭の人混みの中にこんなのが紛れていたら、後をついて行ってしまいそうだ。けだもの系、大好き。

illust-karazisi02.jpg
ラベル: 演劇 獅子
posted by 成瀬 尋古 at 02:53| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする