2014年07月17日

一息が遠過ぎ

半月間沈黙したままで済みません、生きてます(汗)あと一息の筈が、ゴール手前で終着点が更に遠くへ跳んで行ってくれたので、ちょっと迷走していました。

あれから論文「主船司考」の残り1/4の要点を文章に纏め終えたものの、「船戸」と「兵士」「海部」との関わりについての記述に疑問が生じ、追加で資料を集めている内に知恵熱が出そうになって数日作業が停滞。その後立ち直って作業再開したはいいけどプリンターが壊れてプリントアウト中断。
データ印刷が出来なくなったのは痛いですが、律令制関係の資料が際限なく増えそうだったので、取りあえず印刷待ちのデータの内、用語解説は保留にし、PDFでダウンロード保存した論文数本に目を通している最中です。
それと、1960年代のものになりますが、「主船司」関係の論文3本が近隣の大学に所蔵されているのが判ったので、こちらは直接行くか近くの公立図書館を介して取り寄せる予定です。

「兵士」と「海部」に関しては、調べ出すときりがなくなるのが火を見るより明らかなので、何処かで一旦区切りを付けて文章を纏める必要がありますが、お盆前に形に出来るかどうか。引き続き頑張ります。


・・・資料がらみで載せられる画像がなかったので、昔撮った積乱雲の写真を。先程久しぶりに雷雨が通り過ぎて行ったのですが、あっという間だったので全然涼しくならず蒸し暑さが増しただけなのがきつい〜。

photo-kumo120917 (15).jpg
posted by 成瀬 尋古 at 18:31| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

あと一息の処で息抜き

論文の3/4まで辿り着いた処で、基本史料の『養老令』と『令集解』の関連条文を逐一資料の束からめくって探すのが面倒になって来たので、文書作成ソフトで書き出し。
岩波の日本思想体系『律令』は持っているのですが、『令集解』が手元になくて探していたら、ネットで全文ダウンロード出来るのを発見。滅茶苦茶助かりました!右側の縦書き条文がそれ。
こちらのサイトからダウンロード出来ます。私は「一太郎」データをダウンロードして、圧縮ファイル状態のものを解凍して閲覧しています。
明治大学 日本古代学研究所 『令集解』データベース
http://www.kisc.meiji.ac.jp/~meikodai/obj_ryoshuge.html

funato07.jpg


取りあえず条文の書き出しが終わった処へ、ネットで注文していた本が到着したのでちょっと息抜き。右から
血引きの岩』星野之宣 朝日新聞社 2002年 900円
都市と日本人・「カミサマ」を旅する』上田篤 岩波書店 2003年 740円
ピクトさんの本』内海慶一 (株)ビー・エヌ・エヌ新社 2007年 1000円

photo-book-hosino01.jpg


・・・以下は追記で。

続きを読む
posted by 成瀬 尋古 at 17:47| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする